メディア・講演ニュース

代表近藤光一が山梨県富士山科学研究所主催「国際シンポジウム2014」に出演いたしました

山梨県富士山科学研究所 は、日本のシンボル・富士山に様々な角度から光を当て、世界共有の財産として“守り”、“活かす”ための方策を科学的に追求しています。平成9年に開所し た山梨県環境科学研究所で積み重ねた研究の成果に根ざし、さらに富士山の知を集積し、その情報・成果を発信しています。

同研究所は、一昨年世界文化遺産となった富士山において安全で快適な富士登山に求められることに 焦点をあて、国内外の専門家を招き公開講座『国際シンポジウム2014』が盛大に開催されました。高所でのヒトの基本的な生理的メカニズムや山の医療現場、登山時の健康面に関する話など、安全で快適な富士登山を行うための内容でした。

■開催日 2014年11月15日(土)  10:00~16:30
■場所 山梨県富士山科学研究所ホール
■演者
・Andrew Subudhi氏・・・アメリカ・コロラド大学生物学部准教授/高所研究センター研究員 [逐次通訳]
・能勢 博(のせ ひろし)氏・・・信州大学大学院医学研究科 教授/富士山科学研究所特別客員研究員
・大城和恵(おおしろ かずえ)氏・・・心臓血管センター北海道大野病院医師/国際山岳医
・岡崎和伸(おかざきかずのぶ)・・・大阪市立大学都市健康・スポーツ研究センター准教授
・堀内雅弘(ほりうちまさひろ)・・・山梨県富士山科学研究所環境共生研究部主任研究員
・近藤光一(こんどうこういち)・・・富士山登山学校ごうりき代表/富士山登山ガイド 他
■主催:山梨県富士山科学研究所 〒403-0005山梨県富士吉田市上吉田字剣丸尾5597-1 TEL 0555-72-6211(代表)
URL http://www.mfri.pref.yamanashi.jp

枻出版発行「PEAKS(ピークス)」2014年10月号では代表近藤光一がKEENの登山ブーツを紹介いたしました

2014年9月13日出版の枻(えい)出版発行「PEAKS(ピークス)」10月号 109ページからは、山にまつわる達人が使う「プロフェッショナル御用達ギアカタログ」を特集。山岳ガイドや超有名ショップスタッフらがオススメポイントを教えてくれるギアカタログ。
代表近藤光一がKEEN「デュランド ミッド ウォーター プルーフ」を紹介しています。

BSジャパン「日経おとなのOFF」に代表近藤光一が出演いたしました。

「日経おとなのOFF」がテレビになりました。日々、忙しく仕事をこなすビジネスパーソンに必要なのは、心の充電です。心の充電となるような上質なOFFを過ごすことで、ビジネスのONも刺激され、明日の活力源となってくれます。この番組を通じて、上質なOFFの過ごし方を提案しています。2014年7月14日放送では、代表近藤光一が現地から富士山の魅力や富士登山について紹介させていただきした。

BSジャパン2014年7月14日(月)「日経おとなのOFF」マンスリー特集:おとなのための数字(2) 世界遺産富士山』

Web 『ORICON STYLE(オリコン スタイル)』にて紹介されました

本日7月1日は、山開き。 総合エンターテインメントサイト『ORICON STYLE(オリコン・スタイル)』の企画特集ページトレンド・『流行りモノ調査隊』では、「夏山シーズン到来」と題し、“登山/山開き”をテーマとした特集を展開しています。
登山経験者に、山登りに持っていって良かった食べ物や、ピッタリの曲などをリサーチ!
「富士山のスペシャリストに聞く!登山の心得」では、代表近藤光一がインタビューを受け富士山の最新情報をお伝えしています。

オリコン最新トレンドニュースはこちら

「日本経済新聞夕刊」に紹介されました

「こころの一冊」は日本経済新聞・夕刊の毎週金曜日に1999年4月より連載されています。毎週一冊ずつ、図書館司書の立場から「おすすめの本」があらすじとその本にまつわる思い出などが紹介されています。
2014年7月4日(金)夕刊では、「ぼくの仕事場は富士山です」をご紹介頂きました。

山と渓谷社「富士山ブック2014」にて解説しました。

山と渓谷社より毎年発売さてている「富士山ブック」は、数ある富士登山ガイド本の中でもっとも歴史があります。富士山を快適に楽しく登るための、アイディアやノウハウがたっぷり詰め込まれています。
2014年版ならではの総力目玉企画はQ&A特集。富士山の登り方、楽しみ方に関するさまざまな疑問を、富士登山に詳しい方より伝授。富士登山のシーズン、親子登山、バテない登り方、入山料のこと、山小屋での過ごし方、撮影ポイント、ご当地グルメ情報など、多岐にわたる内容です。

64、65ページの「バテない歩き方のコツ」では、代表近藤光一が余裕をもって登山を楽しんでもらうためのノウハウを解説しています。富士山デビューの登山者の方はもちろん、いつもとは違った楽しみ方も検討したいリピーター登山者にもきっと楽しんで頂ける内容といなっています。

ワコールCW-Xのプロモーションビデオに代表近藤が出演しました

負荷や衝撃をやわらげたり、筋肉をサポートする高度の機能をウェアに組み込み、目的に合わせて理想のカラダへの状態へと整えていくワコールCW-X(シーダブルエックス)」では、2014年富士登山用に動画を作成。夏山の富士山の様子がフルに紹介されており、長年愛用している代表近藤がCW-Xの感想を語り必要性を紹介しました。ワコール店頭でもPVが流れました。

小学館「サライ」2014年6月号「富士山特集」にて吉田ルートを紹介いたしました

1989年に創刊され、愛され続けている情報雑誌「サライ」
2014年5月10日発売の6月号では「富士山を知るからはじめる登山の楽しみ」を大特集しています。32ページからの特集第1部「よし、この夏は冨士山に登りろう」では、五合目から目指す山頂へ導く4つの登山道の楽しみを掲載。富士登山の一番人気の吉田ルートは、当校代表の近藤光一が2ページに渡り登山道の楽しみ方をご紹介しております。詳しくはこちら

小学館サライ2014年6月号P42掲載「九合目~頂上へかけての岩場を登る登山者」/写真合力

小学館「サライ」2014年5月10日(土)発売「よし、この夏は富士山に登ろう」
P40[五合目から目指す山頂へ導く登山道の楽しみ方」

小学館「サライ」2014年6月号でご紹介頂きました

1989年に創刊され、愛され続けている情報雑誌「サライ」。2014年5月10日発売の6月号では「富士山を知るからはじめる登山の楽しみ」を大特集しています。32ページからの特集第1部「よし、この夏は冨士山に登りろう」では、五合目から目指す山頂へ導く4つの登山道の楽しみを掲載。富士登山の一番人気の吉田ルートでは、当校代表の近藤光一が登山道の楽しみ方をご紹介しております。
また、57ページの道具選びでは、最新の情報満載です。ぜひご覧ください。詳しくはこちら

「山ガールネット」+KEEN合同主催 代表近藤光一トークイベント「今年こそ富士山に行こう!」に出演しました

山とアウトドアファッションを愛する女子のための総合サイトの「山ガールネット」とアメリカのシューズブランドKEEN(キーン)がトークイベントを開催。
KEENアンバサダーの代表近藤光一が出演依頼されました。トークイベントの会場となるのは、ファッションや若者カルチャーの発信地である原宿・キャットストリートに建つ、緑と木に囲まれた『KEEN Garage 原宿店』。
登頂500回以上で富士山に生きる代表近藤が想う「富士山の魅力」、富士山の昔話(秘話)、今年こそ富士山に行きたい方に向けた装備や高山病の話など、近藤ならではの実体験に基づいた豊富なエピソードを語りました。

■日時 2014年5月21日(水)18:30~21:30(18:30開場)
■場所 KEEN Garage 原宿店
■トークショー 19:30〜20:30(1時間程)
詳しくは、「山ガールネット・ニュース」(外部リンク)にてご確認ください。

Page 1 of 212

このページの先頭へ