お知らせ

参加者の皆さまからの声:2018年8月21日ご出発 富士登山シャイニングツアー

東京都 吉田望 様
(写真右下段:娘様とご参加)

この度の富士登山ツアーでは大変お世話になりました。

おかげさまで、娘共々けがもなく、これ以上ないくらいの良いお天気の富士山に登頂することができました。

行程中、近藤さんのサポートのおかげで最後まで頑張ることができました。また2日目の朝まで、高山病が不安でしたが、症状がでることもなかったのでほっといたしました。気持ちはあるのですが、それに伴うほどの体力がなく、皆様にご迷惑をおかけしましたが、温かく見守っていただきありがたく思っています。メンバーにも恵まれました。この日程に参加できて重ね重ね感謝です。ツアーの内容、天気、メンバー、とすべてパーフェクトなツアーでした。

ごうりき様のツアーでは、富士登山を快適にサポートしていただけるという印象を受けました。3K(苦しい、混雑、窮屈)だと、無理かなと思っておりましたので、これらの点をクリアしたよいプランに思えました。

経験豊富なガイド、登山道の渋滞を回避した安全なプラン、少人数のツアー、快適な山小屋のスペース、申込からツアー終了までのサポート等々、これだったら、富士山に登ってみてもよいかな、また、私でも登れるかなと思えましたから。
実際に参加してみて、思っていたとおり満足度の高いツアーだったというのが、正直な実感です。

軽い気持ちで富士登山を思いつき申し込みをしたのですが、最後までリードしていただいたおかげで、富士山登頂という達成感を得ることができました。本当にありがとうございました。

>詳しいツアーの様子はこちら

参加者の皆さまからの声:2018年8月12日ご出発 富士登山プライベートツアー

東京都 森愛恵子 様
(写真左:ご主人様と参加)

初めてプライベート富士登山に参加致しました。

10年位前に会社の方からごうりきさんのツアーがとても良かったと伺っていて参加したいと思っておりましたが、家族の予定が合わずになかなか実現出来ずにいました。しかし最近の自分の体力の衰えが加速するのをひしひしと感じておりましたので、もうこれ以上先延ばし出来ないなと思い、今回思い切って主人と二人で参加する事に致しました。

プライベートツアーなので、ゆっくりゆっくり登っていくので心配ないと事前に励まして頂き、不安もありましたが当日を迎えました。

若い頃に運動していた経験もなく、普段も特に運動もしていない私が果たして登頂できるのか本当に不安でしたが、近藤さんのペース配分のお陰で、一度も高山病の症状もなく、ゆっくり登って行けました。一歩一歩、とても丁寧に登って行けたと思います。お陰様で、お鉢巡りも無事にする事が出来ました。山頂にたどり着いた時の達成感は今も忘れられません。体力に関してはすっかり自信をなくしてておりましたが、登頂に成功したお陰で、今はだいぶ前向きに考えられるような気がします。これもひとえに近藤さんのペース配分と天候の読みというプロのなせる技の賜だと思います。本当に有り難うございます。

お盆ということもあり、亡くなった父を近くに感じながらの登下山でした。これも本当に有り難い体験でした。

下山してからもまだ興奮から覚めないでいます。そしてツアー中に見た素晴らしい景色を息子達にも是非見せてやりたいと思っています。次のチャレンジに向けてまた頑張りたいと思います。

もし、富士登山はしたいけれど不安だなぁと感じていらっしゃる方は、プライベートツアーなら夢を実現させてくれると思います。深呼吸のタイミングやペースの緩急、ストックの使い方から荷物の詰め方、レインスーツの着脱のタイミングまで至れり尽くせりでキューを出して頂けるので、自分で登るのは不安だなぁ、とかツアーで他の人達とペースが合わなかったらどうしようと 迷われている方にはプライベートツアーは最適だと思います。


色々なご縁を感じるツアーでした。本当に感謝しております。有り難うございます。次は家族全員で登れたらいいなと思っています。またご縁が有りますことを願っております。

第4回 ジャパン・ツーリズム・アワード「ビジネス部門入賞」! 2年連続受賞しました

http://www.fujitozan.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/awa-do-rogo-600x168.jpg

この度、(公社)日本観光振興協会(一社)日本旅行業協会日本政府観光局(JNTO)主催の「第4回ジャパン・ツーリズム・アワード」におきまして、『富士山における少人数の高付加価値エコツアー』を評価頂き、2年連続で国内 ・訪日領域「ビジネス部門入賞」の受賞の運びとなりました。

これまで15年間にわたりエコツアーにご参加頂きましたゲストの皆さま、ご支援・ご協力をいただきました関係者の皆さまに心より感謝申し上げます。今後も富士山の環境保全を図りさらに質の高いエコツアーを目指し、さまざまな機会を通じ国内外の観光関係の皆さまと共に、需要創造や交流の拡大に向けた取り組みに積極的に合力してまいります。

参加者の皆さまからの声:2018年8月5日ご出発富士登山シャイニングツアー

東京都 岩野はるか 様
(写真左中段:娘様と3名様でご参加)

登頂証明書、受け取りました。ありがとうございます!
家族一人一人、それぞれの思いを持ちつつも、一緒に登った、良い記念となりました。

考えてみれば、一昨年に下の子が、環境NPO法人富士山クラブもりの学校(*)のサマーキャンプに参加して、富士山に興味を持ち、「登りたい」と言い出したのがきっかけでした。もりの学校から、朝も夕方も素晴らしい富士山が見えたと聞いています。

去年は、家族で練習に登った燕岳で、上の子が山と星の魅力に夢中になった一方、下の子は高山病にかかり、素人の限界を知りました。

今回、ごうりきのツアーに参加して本当によかったです。家族皆で無事に登頂し下山することができたのは、本当にごうりきさんのツアーのお陰です。

そして、私も富士山に新たな魅力を感じることができました。これからの人生も亀足で、じっくり味わって行こうと思います。ありがとうございました。

>詳しいツアーの様子はこちら

*代表近藤光一は、環境NPO法人富士山クラブの理事をしております。

参加者の皆さまからの声:2018年8月2日ご出発富士登山シャイニングツアー

京都府 小原優子 様
(写真前から2列目左から2番目:ご家族4名様で参加)

先日は、家族4人でお世話になり、ありがとうございました!

「富士登山って大変だろうけれど、少し頑張れば大丈夫だろう」―――そんな甘い考えでおりました。初めての練習登山までは・・・。ゴールデンウイークに主人と近郊の低山に登った時、私は頂上までたどり着けず、自分の体力不足を思い知らされたのでした。あれから3カ月後、そんな私が富士山頂に立つことができたなんて!本当に奇跡です!!

ごうりきツアーだったから、登頂が成功できました!申込から出発直前までの、ひろみさんの体力づくり・装備品の親切丁寧なアドバイス。そして当日は、富士山を知り尽くしておられる光一さんの絶妙なペースコントロール。少人数ツアーだからできる呼吸を整えるための小休憩。ご来光、雲海、美しい沢の景色、真っ赤に染まった山肌、すばらしい青空・・・ 夜間に歩かないから絶えず見られる絶景。天候にも恵まれ、ツアー9名全員で登頂できて本当に最高でした!

思い返せば3年前に家族で富士登山の話が持ち上がり、でも毎年家族の予定が合わず、息子たちは高校2年と中学2年になってしまいました。思春期真っ只中の息子たちが親と富士登山に行くのだろうか?と思いましたが、「行くよ。」との返事。装備品のお買い物、直前に家族4人で登った六甲山への練習登山。富士登山当日だけでなく、この3カ月間とても楽しかったです。

光一さんが、私達に登山中何度も「家族全員で登れて羨ましい」とおっしゃっていました。確かに。今、親はお盆休みですが、息子たちは試合に部活に忙しく家族バラバラです。10日前が嘘のようで、家族全員での富士登山は本当に貴重な時間と経験だったと実感しています。

次はお鉢巡りもしたいと言う主人。0合目からお鉢巡りまで制覇したいと言う息子。次回挑戦する時も、もちろんごうりきツアーでお願いします!

今回の富士登山が無事に終えられましたことに心から感謝いたします。
光一さん、ひろみさん、お二人の今後ますますのご活躍をお祈りしております。
今回はお世話になりありがとうございました。

登山中のお写真3枚は小原様よりご提供頂きました。
>詳しいツアーの様子はこちら

参加者の皆さまからの声:2018年8月5日ご出発富士登山シャイニングツアー

東京都 小笠原由美子 様
(写真中列右から3番目)

昨日まで一泊二日、本当にお世話になりましてありがとうございました!

14年間月に二回、多い時には毎週、仕事の合間に自宅から松本の母の遠距離介護に通いました。4年前には在宅介護で看取り、腑抜けの様になっていた春、ふと、田舎育ちの私は自然の緑の中に身を置きたいと初めて高尾山へ。それまで趣味を持つ時間も無く忙しく日々が流れていましたので、山登りは新鮮でした。
あれから四年、まさか私が富士山まで登れるとは誰が想像したでしょう! 自分でもまだ信じられません。

グループ最高齢!皆さんにご迷惑をかけないよう頑張らなくてはと思いつつ、初日は歩き出しました。でも、近藤さんの歩みは私にも出来る範囲内で、先ずは安心。2日目ももう無理かなぁという辺りで、ここで一休み、立ち休憩と天の声!

ご一緒したお仲間との交流も心温まるものでした。子育てが終わった私には小さなお子さんとのふれあいも懐かしく、10人のグループだから全員と会話もできお話も弾みました。お顔が見える素敵なツアーですよね。一人一人が主人公でいられるごうりきさんの富士登山です。

ごうりきさんのツアーだったからこそ、私にも登れた富士山。たまたま見つけたサイトでしたが本当に良かった、感謝感謝です。
暗闇の中を山頂を目指すのはやめたい、大勢の人数で登るのも多分無理、そんなこんなで探し当てたごうりきツアー。幸いでした、納得出来る富士登山となりました。

長年の夢だった富士山に登るという夢が現実となりました。まだ今日は夢を味わっています。

ごうりきの皆様のより一層の活躍とご健康をお祈り致します。今回は本当にお世話になりましてありがとうございました。

>詳しいツアーの様子はこちら

参加者の皆さまからの声:2018年7月29日ご出発富士登山シャイニングツアー

神奈川県 河村泰支 様
(写真左)

先日はお世話になりました。この1年間の小さな努力継続のお蔭か、「還暦までに富士山登頂!」と言う長年の目標を2年越しで達成することが出来ました。

ただ、努力が小さ過ぎたのか、九合目辺りから急に両太腿に痛みが出始め、お鉢巡り断念はもちろん、痛みに耐えながらの下山となってしまいました。

ご一緒頂いた素敵な母娘さんにはご迷惑をお掛けしたかもしれませんが、近藤さんの絶妙なペースコントロールで大過なく五合目に戻ることが出来ました。

昨年同様に今回も直前まで台風に振り回されましたが、結果的には昼夜とも素晴らしい天候に恵まれ、自然の創り出す様々な美しい風景に出会うことができ、また富士山で懸命に生きる小さな生き物たちとも時折触れ合いながらの清々しいツアーとなりました。

思えば、昨年の妻と一緒に富士山記念登山に挑戦するかどうかの検討開始、参加決断から山小屋でご来光を迎えるまでの日々、リタイア決断後の一緒の下山、妻に心配されながらの一人での今回の申込み、快調だなと思った直後からの足の痛み、山頂の鳥居に辿りついた時の安堵感と達成感、足の痛みを感じながら眺めた下山道での美しい風景、帰宅後に食べた妻の心のこもった手作り料理・・・。私にとって今年のツアーは、二度目の挑戦ではなく昨年から続く一つの挑戦の後半戦だったといった気持ちです。

昨年も強く感じましたが、富士山登山は登山の当日だけではなく、その前後の日々も含めた一連の過程だと思います。そして、その大切な過程において近藤さんのツアーにめぐり逢い、適切なアドバイスとペース調整のお陰で無事目標を果たせたこと、ツアー参加者や山小屋等の関係者と交流される姿を目にする機会があったことなどに深く感謝しております。

「富士山は日々の努力をちゃんと認めてくれた。でも費やした努力以上のものを与えてくれる程には甘く優しくはなかった。『また何時でもおいで…』、そんな声がどこからか聞こえたような気がした。」 ・・・そんな心境です。

次は、2番目の目標であった故郷の四国八十八か所歩き遍路に5~6年かけて挑戦し、無事結願のあかつきには再度富士山に登り、お鉢巡りも果せたらと思っております。その際には是非また参加させて頂きたいと思います。

末筆になりますが、お二人の益々のご活躍とご健勝を心より祈念しております。

>詳しいツアーの様子はこちら
>河村様は2017年の富士登山シャイニングツアーへもご参加頂きました。その際に御寄せ頂きましたご感想はこちら

参加者の皆さまからの声:2018年7月26日ご出発富士登山シャイニングツアー

埼玉県 齋藤麻理子 様
(写真後列右)

この度は、何から何まで本当にお世話になり大変ありがとうございました。

日ごとに…「富士山のてっぺんに立ったんだぁ~ 私!」の気持ちを実感している感じです。筋肉痛もおさまり、たくさんの洗濯物も片付いてきました。あらためて ツアーのしおりに目を通して、色んなことを思っています。
まさに 富士山登山学校ですね, ”ごうりき” さん!

私のかねてからの夢だった <富士山登頂>を 実現させて頂けたことに 心からお礼と感謝の気持ちを申し上げます。

やり遂げられました! ひろみさんが教えて下さったように ”何とかなりました!”  怖かったけど ものすごく不安だったけど、一緒に登った仲間にも助けられて、てっぺんまで行くことが出来ました。たくさんのことを 学んで戻ってきました。
達成感と満足感に 身心 弱っていた自分ですが 自信が少し戻ってきました。色んな場面を思い返しています。

どれだけの方々に この山を登らせてもらっているんだろうか… ただそれだけを思いながらでした。五合目まで運んでもらい、泊まらせてもらい、食事だしてもらい、トイレを使わせてもらい、看護師さんにお世話になり、近藤光一さんにガイドしてもらい、山小屋で泊まらせてもらい、ご飯出してもらい、あんな場所でキレイなトイレを使わせてもらい…。 天気図と睨めっこしていたパトロールの方、バスの誘導員、工事の方…など
数えきれないほどの方々に支えてもらい、こんなにも快適に登らせてもらってる… 申し訳ない気持ちと感謝の気持ち だたそれだけを感じていました。
確かに雄大な景色でした。でもそれよりも私が感じたことは <感謝> でした。
人生初めての富士山登頂は、この上ない恵まれた条件で、てっぺんに立たせてもらえました。 感謝だけです。

これからの人生、いろんな日常に富士山が目に入ってきます。今までは 「あのてっぺんに立ってみたいなぁ~」でしたが、今は「あのてっぺんに立てたんだなぁ~」。時々私の心に色んなシーンと色んな感情がこみ上げてくると思います。

迷ってる人 進めない人 自信のない人 挑戦する人,,, 背中を押してあげれるって 凄いことですね。私も ”少しづつ前へ” 進もうと思えました。チャンスを与えて下さり 本当にありがとうございました。

「趣味が登山」というわけではありませんでしたが、プレトレーニング(麓から五合目まで)を行い、道具の重要性を身をもって感じましたので、かなりの出費でしたが今回の登頂に向けて揃えました。すごい成果で 驚いております。せっかく 揃えたので、また登山行ってみようと思いはじめています。
色づき始めたころ、また馬返しから歩いてみようかな…とか。違う世界をみれるキッカケとなりましたことも「感謝の気持ち」です。

心より お礼申し上げます。

>詳しいツアーの様子はこちら

参加者の皆さまからの声:2018年7月29日ご出発富士登山シャイニングツアー

東京都 林ゆり様
(写真右:娘様と参加)

本当にお世話になりました!ありがとうございました!ごうりきのサポートのおかげです。やっと今ごろになって登頂した実感がわいてきています。

ツアー数日前の台風発生から直前までの催行されるのか?という心配が、登山が始まってからは親子で無事に登っ下りてこれるのか? という不安に変わり極度の緊張状態がずっと続いていたせいか、五合目にもどってきたときは、登頂達成の感動よりも、ああ、親子で怪我無く無事に戻ってこれた…という安堵感の方が上回るのが正直なところでした。
翌日、空の雲を見上げて、本当にあの雲より上にいたのだろうか?と母娘でふりかえりを始めると、よやく富士山に本当に登ったんだ!! すごいよね!!とジワジワと実感がわいてきて、あんなこともあったよね、こんなこともあったよねと話が止まらなくなりました。

目的であった火星と美しい星空、富士山にかかるフルの虹、ご来光、台風後の塵一つない抜けるような青空、広がる立派な雲海、丸見えの火口、心地よい風などの自然の美しさ。一期一会だけれど一緒に登ったステキな仲間、勇気をもって下山を決断したご家族、東洋館での担当のステキなお姉さんの笑顔、山小屋で快く笑顔で対応してくださる皆さま、頂上での写真家の小岩井さんのさわやかさ、そして、光一さんとの何気ない楽しい会話が思い出されます。そして富士山という日本一高い場所で火星に会えたことは、宇宙が大好きな彼女の一生の思い出になると思います。

今回の登山、ひろみさんの心細やかなサポートと光一さんの経験からくる心強い安心感がなければ、成し遂げられなかったと思います。本当にありがとうございました。そして、おふたりとも体には本当に気をつけて、これからも長くたくさんの方の夢を支えてあげてください。
またお会いできる日を楽しみにしています。

このページの先頭へ