ごうりきについて

富士山・登山ツアー トップ > ごうりきについて

ようこそ富士山へ

世界中の人々に愛される高く美しい富士山は、日本有数の自然環境を有しています。青木ヶ原樹海をはじめとする美しく豊かな森は、清らかで美しさをたたえる湖や悠々と湧き出る湧水と折り合いを保ちながら、多くの生命を育み四季を通じて様々な表情を見せてくれます。

春はやわらかな陽射しに草花が芽吹き甘い花の香りが、夏は青く澄み渡る大空に深い緑が光り輝き、秋は野や森の彩りに心が躍り、冬は純白の雪景色や凛と冷え渡る空気の中夜空に輝く星の瞬きに、心が静かに洗われます。

ここ富士山には、噴火や溶岩流を繰り返す恐ろしく神秘的な山を「神が宿る山」として崇めた歴史や、富士信仰を支えてきた御師(おし)の家々が形造った町並、信仰に導かれ再生を信じて多くの人が歩いた古道・吉田口登山道もあります。「富士講」をはじめとする豊かな歴史文化もただ一つしかない、かけがえのないものです。

そしていつの時代も、富士山の力を求め頂上を目指した日本人の姿や魂もあります。

私たち合力は、世界文化遺産となった今日も、自然・歴史・文化、そして風土と共生しながら、これらを大切に、大切に守りたいと願います。

富士山は祖先から譲りうけたものではない。 未来の子供たちからの大切な借り物。
今よりももっとよい状態で返していきたい・・・ それが、富士山登山学校ごうりきの願いです。

合力®ツアーについて

美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知のものに触れたときの感激、思いやり、憐れみや愛情など様々な皆さまの「心」を大切にしながら私たち合力はツアーを行なっています。

目を閉じて鳥のさえずりに耳を向け、小さな小さな花を愛で、森や谷を渡る風の匂いを嗅ぎ、森の源の落ち葉に触れ、古き日本人も愛した富士山の歴史など、目に見えない自然や歴史、文化から発するメッセージを、私たち合力スタッフがお伝えしていきます。私たち合力は、富士山の保全に力を入れ、魅力を「エコツアー」としてお届けしています。

富士山の空気や森、水の美しさに、ゆっくりと、ゆったりと時間をかけて浸り、真の癒しを味わってくだされば幸いです。

代表近藤光一より 富士山の魅力とは

富士山は見るだけで十分と考える人もいるかもしれません。でも、もっと富士山に近づいて、自分の足で富士山に立つと、自分の中の何かが大きく動くのです。 地上での生活に凝り固まっていた部分が命を吹き返すような。それは、富士山の風や匂いのせいかもしれない。無心になれる時間のせいかもしれない。

雲の上に立って、この神々しい光を浴びてみて下さい。下界での悩みや迷いなど全部消え去って、ただその時間と空気を、五感いっぱいに感じている、最もリアルな自分がそこにいます。

癒しを感じたり、恐れを感じたり、偉大さや言葉にできない不思議さを感じる。それって本当は人間本来みんなが持っている、とっても豊かな感性だと思うのです。
それを蘇らせるような富士山は、とてつもなく大きな何かがあります。


エコツーリズム推進とは

平成19年6月20日の参議院本会議においてエコツーリズム推進法が成立。平成20年4月1日に施行されました。
この法律は、地域の自然環境の保全に配慮しつつ、地域の創意工夫を生かした「エコツーリズム」を推進するに当たり、以下の4つの具体的な推進方策を定め、エコツーリズムを通じた自然環境の保全、観光振興、地域振興、環境教育の推進を図るものです。
(1)政府による基本方針の策定
(2)地域の関係者による推進協議会の設置
(3)地域のエコツーリズム推進方策の策定
(4)地域の自然観光資源の保全

合力®が推奨するエコツアーとは

エコツーリズムとは、生態系や自然保護という意味の「エコ」と、旅を意味する「ツーリズム」からできています。二つが合わさって、地域の環境や生活文化に悪影響を及ぼさない、自然や文化の保全を意図した旅となります。

Japan Ecotourism Society当校は日本エコツーリズム
協会に賛同しています。

旅人が地域に保全されている自然や文化をじっくりと味わい、その本来の価値や意味に気づいていく旅のことです。地域に暮らす人々とのふれあいを通じて旅する人が感動し、共感をもって満足していただける新しい旅の形態です。エコツーリズムの考え方を実践するためのツアーを「エコツアー」と呼んでいます。

ここ富士山でも、誇りをもってゲストを迎え入れ、かけがえのない富士山がもっと個性豊かに持続可能に輝くことを目指しています。

エコツーリズム大賞受賞

合力®ネットワーク

私たち合力®は様々な団体に加盟、協力し、活動の質と幅、深みを広げています。

このページの先頭へ