お知らせ

2022年星空ツアーにつきまして

 弊社では、10年以上前からの永きにわたり「星空ツアー」を催行して参りました。多くの方々が冬の美しい星空と夜富士山に心を奪われ、絶賛のお声を毎年頂戴してきました。
 肉眼で冬の天の川がきれいに見えておりましたが、しかしながらここ数年、富士山ろくでも急速な冬季の観光需要のため「光害」の影響が大変大きく、急激に夜空が明るくなり星が見えずらい状況となって参りました。
 富士山環境保全活動を行っている弊社では、天体観測への影響問題だけでなく、野生生物、人間、エネルギー資源などへの問題もお伝えして参りましたが、2022年冬期は調査研究を進めるために、残念ながら「星降る山麓 星空ツアー」の募集を停止させて頂く運びといたしました。

 多くの星々に心躍る夜空を取り戻すために、生活に支障をきたすことなく「光害」を大幅に削減できる意識を持ち社会を変えていくことが、私達現代人に求められている課題ととらえ、今後も暗く美しい夜空を地域一帯となって保全・保護するよう取り組んで参りたいと存じますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

参加者の皆さまからの声:2022年8月21日ご出発 富士登山シャイニングツアー

東京都 髙橋様ご夫婦(写真:右から3人目、4日目)

御主人様より
貴重な経験をありがとうございました。

辛さのピークは、お鉢巡りでした。
空気の薄い頂上でお待ち頂くことになった方々へ無用なご負担を強いぬよう、なるはやでと思いつつも、一段ギアを上げたピッチと難関馬の背、そして平然と突き進む仲間の姿。それらを最後尾で眺めつつ、あっ、これはついていけないかもなと、1人立ち止まり。うーん、もうちょっと行けるかなと、少し歩き、しんどいとまた立ち止まり。前を歩く仲間の逞しい背中を動画に残そうかな。最初で最後の富士登山になったら、やり切らないと後悔するかな。これまで、もうちょっと頑張れたなって思うことあるしな。でも、下山は4時間半って言ってたから、まだフルマラソンが残ってるって感じか、えー!
最近、自分と向き合うことなかったなーと、不必要に頭を回転させてるうちに、いつしか辛さが消えていました。(魔法①)

下山中も、色んなことを考えていました。余裕あるペースで進んだ登りでしたが、もし、自分だけだったら、もっとハイペースで登っただろうし、そうなればこの脚の余力はあっただろうか。誰も高山病にならなくて、よかったな。
なぜ、登りでしんどそうだった仲間が、こんなにも楽しそうに下っているのだろうか。ペースも、休憩タイミングも、休憩時間も、近藤さんが後方をチラ見する感じも、規則性はなく、されど、その不規則に意味があるような気がしてくる。なぜ、属性もバックボーンも違う8人の仲間が、疲労もピークであろうこの終盤に、こんなにも一体感が生まれているのだろうか。自分の脚は疲労の向かう側までいっているのに、なぜ、おれは下りの方が得意だなとか考えちゃっているのだろうか。もう、チームに魔法がかけられているようでした。(魔法②)

そして、魔法の正体は、近藤さんのチームビルディングにあるのだと気付きました。近藤さんの言葉から多くの情報を得ましたが、どう消化し、どう行動という一歩に変えていくかは、自分に委ねられているようで、その心地良さは達成感をさらに高めてくれたように感じます。陰に陽に数々のオーガナイズがあったのだろうと思いますが、心当たりがあり過ぎて、言い尽くせません。

あれから、時間が経ちますが自分の心がどう反応するか、どう変化していくかを楽しんでいます。
3~4日は、しんどかったなー、もう2度と無理だろうなーとしか思ってなかったのに、5日後くらいから、この経験を活かせば、2回目は、もう少し楽になるのか。自分の意思で攻略法を組み立てられるかもしれない、そしたら、気づけなかったことにもっと気付けるかもしれない、ましてや、あのチームビルディングは日常生活に取り込める、と思う自分が生まれ始め、9日後、TVに映る近藤さんを観ながら、おれはこの人とあの時間を過ごしてきたんだ、楽しかったなー。ついこないだ、ここにいたんだよなー。0合目に行ってみたいなー。

そして今、富士山を登ってきたんじゃない、近藤山を登ってきたんだなって感じています(その意味では未登頂)。近藤さんと8人の仲間とで、一期一会の時を過ごしてきたのだ。
その中で、買い出し等の準備から帰宅するまでの全てが夫婦の協働作業として、新たな歴史を大きく積み上げ、なにより、随所に、妻の喜ぶ姿・笑顔が見れたことが宝物になりました。

キリないですが、最後に。理由はわかりませんが、自分は日本人であるという自覚レベルが、なんだか誇らしげに一段上がった気がしています。(魔法③)

感恩戴徳。

 

奥様より
富士登山においては大変沢山の学びをいただき、ありがとうございました。
近藤さんを通してプロのガイドとは、を考えさせられました。
参加者一人ひとりの力を抜きとして、予測し、チームの中のバランスを見る。それを踏まえて参加者一人一人の力を持って楽しめるように導いていただいたように感じました。ガイドってこういうことなのかなぁ。

いろいろな近藤さんの仕草や発言を思い出すとプロだなぁと言うところを改めて感じると共に、山という危険の伴う場所での考える力を養われたのでは!という成長も感じたりしてます。本当に参加して良かったなぁと感じました。
それぞれ年齢も身体能力も精神面も異なりますが、それぞれが、それぞれの力を出し切り、楽しめました。これは近藤さんのお導き!です。

最後に、私たちは、ごうりきのファンになりました。今度は樹海ツアーや星空も参加したいです!!

参加者の皆さまからの声:2022年8月25日ご出発 プライベート富士登山


東京都 平出 様(写真左:ご夫婦で参加)
朝、仕事場から富士山が見えた時は嬉しくなって、1日がハッピーになります。でも今まで登りたいと思ったことは無かったし、運動もろくにしていないぼくが、この歳で登るなんて無理だな〜と思っていました。そんな今まで登山経験の全くないぼくが、「富士山に登りたい!」と思ったのは2021年の11月。

今回ガイドをしてくださった、富士山ガイドのレジェンド合力(ごうりき)の近藤 光一さんとの出会いからです。近藤さんのお話や書籍を読んで、「その年の2月に亡くなった父のいる天国にいちばん近いところに登って、亡き父にもう一度会いたい」と思ったんです。富士登山を何回もされている方からしたら、大それたことでもないのに・・・と思うかもしれませんが、4ヶ月前になって初めて、登山用品をそろえ始めたほどゼロからのスタートのぼくは、高尾山に登ること10回、「諏訪富士」と呼ばれる長野の蓼科山に登ること2回を経て、当日を迎えました。

実は、今回のツアーの参加日は、自分のスケジュールで都合がいい日、というだけの理由で決めていました。でも登山日の2週間前に、「登頂予定日が父の誕生日」に気がついたんです。父の誕生日を忘れてたのもどうかと思うけど、生前はその程度の関係性だったんです。ただ、それに気が付いた時、初めて、自分は父に導かれている・・・って感じたんです。


天気予報では、秋雨前線の影響で雲ひとつない晴天ではありませんでしたが、ご来光が綺麗に見えた時は感激でした。

吉田口登山道の頂上にたどり着いた時は、達成感でただただ嬉しかったです。そのぼくの喜びの様子を見てから、富士登山の目的を知っていた近藤さんから、「いい場所があるのでこれからそこに行きましょう!」と言われ、噴火口へ案内していただきました。
「信仰のために富士山に登った人たちはそこに魂が集まってくると考え祈りを捧げた」という神聖な場所だということでした。噴火口の周辺には八つの峰があって、それを蓮の花に見立てて、ここを一周すると極楽浄土へ行けると信じられていた、という話も聞き、もし父が生きて今日の誕生日を迎えていれば88歳だったので、八という数字が重なったことも偶然とは思えませんでした。

 

近藤 光一さんから、「今からおひとりにしますので、時間を気にせず、ここで心ゆくまでお父さんと語り合ってください」とおっしゃっていただきました。それを聞いた途端、何故か涙がとめどもなく流れてきて・・・人目もはばからず、声を出して泣きました。
ひとりになって少し落ち着いたところで、ふと空を見上げたら、太陽の光が大きな虹のような輪になって現れていることに気が付きました。それは父の顔のような、笑顔で見守ってくれているように思えました。全ては導かれてここにいる・・・、自分は生かされている・・・、と思った瞬間でした。
持ってきたポカリスエットで「父との再会に乾杯」し、持参した卵焼きを「父と一緒に食べ」しばらく過ごしました。ずっと涙が止まりませんでした。生きている時の父とぼくの親子関係は、必ずしも関係性が良かったわけではありません。亡くなる直前になって初めて、お互いのことを気に掛けるようになれた程度でした。
そこには少しの後悔があったのですが、父に会いたい!ただそれ一心に富士山登頂を達成できたことで、区切りが付いた気がしました。

応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

参加者の皆さまからの声:2022年8月21日ご出発 富士登山シャイニングツアー

東京都 伊東様 (写真右から2番目:ご夫婦でご参加)

先日の富士登山から帰京してから慌ただしく日常に戻ってしまい、御礼のご連絡がすっかり遅くなってしまいました。
私はあの後、太ももの筋肉痛が数日間もとれませんでした。主人は全く筋肉痛なかったようです。驚き。日頃からしっかり鍛えていると違いますね。帰って来てからも、登頂の興奮冷めやらぬ日々を過ごしております。
達成感もとても大きかったですし、富士山で出会ったひとつひとつの風景、光景がこんなにも宝物のように感じられるとは思ってもいませんでした。

登る前は、きっとご来光が一番感動するんだろうと思っていました。
もちろんご来光も綺麗で神秘的で素晴らしかったですが、(雲海からのご来光、というのも良かった!)それ以外にも夜中に見た星空、様々な形や色の雲や空、そして何より頂上での体験、全てが言葉に出来ないくらい心に響きました。

下山時に近藤さんに「一番印象に残っているものは?」と聞かれた際、どれも選びきれなくて答えられませんでした。樹海ツアーで近藤さんと出会っていなかったら、きっと富士山に登ろうと思えなかったと思います。(特に私は)。近藤さんに導いていただきながら登ったことに、ものすごく意味があることでした。もし夫婦二人だけで登っていても、ここまで心が動かさせることはなかったと思います。本当に感謝しております。

ひろみ様には直接お会い出来ておりませんが、説明会の時から出発直前までとてもきめ細やかなサポートをしていただき、ありがとうございました。

ツアーの他の参加者の方々の存在もとても有難かったです。最後、参加者の方から「皆さんがいてくれたから頂上まで行くことが出来た」とおっしゃってくださいましたが、私は逆に、ゆっくりのペースで頂上まで行ったから、私たちはお鉢巡りをする余力があったのだと思うしみなさんと励まし合いながら、他愛もない会話をしながら登ったから、楽しく登れたのだと思っています。もし何か機会があれば、皆様に御礼をお伝えください。
おかげ様で、最高の夏休みの思い出になりました。また樹海ツアーなどにも改めて参加したいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

伊東様はご夫婦で登頂されお鉢巡りもご堪能頂きました。 上記写真は最高峰剣ヶ峰でのご様子。
>詳しいツアーの様子はこちら

代表近藤光一が、8月31日フジテレビ「林修のニッポンドリル 学者と登る世界遺産!富士山SP」に学者として出演いたしました。


ニッポンをこよなく愛しMCを務める林修先生が、皆さんの知らないニッポン、国宝、世界遺産、寺社仏閣等、日本人なら知っておきたい“ニッポンの○○”をテーマに、フジテレビ系のゴールデンタイムに、唯一無二のニッポンドリル”を開講しています。

2022年8月31日19:00~21:00 2時間スペシャル放送は、「日本一の標高を誇る富士山を、学者とともに0合目から山頂まで登る!」と題し、富士山登山学校ごうりき代表近藤光一が、学者といたしまして出演いたしました。近藤光一が知っている驚きの情報満載の「富士山ドリル」。大人から子どもまで家族みんなで楽しめる『林修のニッポンドリル』をご視聴頂き、誠にありがとうございました。

代表近藤光一が、(公財)日本交通公社発行の「観光文化」におきまして、全国のガイド11名に選出されました

公益財団法人日本交通公社は、旅行・観光を専門とする「実践的学術研究機関」です。

多様化・高度化する社会ニーズに応えるべく、旅行・観光を様々な角度から研究する自主研究を推進しており、旅行・観光の本質を捉える研究から、旅行者の動向を中長期的なスパンで把握する研究、観光地経営のポイントを追求する研究、社会的な課題解決にあたって観光分野に求められる役割を考える研究など、100年を超える知見の深さを活かし、観光文化の振興に資する研究を行っています。

2022年6月1日に発行されました「観光文化」253号「ガイドという仕事」では、ガイドは観光振興の主役となる可能性がある」「ガイドツアーの醍醐味」など掲載。

全国のガイドより11人の事例としまして当校代表が掲載されました。

山梨県富士山科学研究所の研究協力につきまして

山梨県富士山科学研修所(外部リンク)・研修部 自然科学科では、富士山を中心とした生物相の調査、動植物の生態や生態系の維持に関する研究と長期的・広域的なモニタリングを通じて、富士山の自然環境保全に資する研究を行なっています。

弊社は、専門分野が、哺乳類生態、行動生態学、有蹄類の社会生態、種間関係の博士(学術)高田隼人氏(外部リンク)「富士山麓における草食獣3種の種関係および行動特性」(外部リンク)のカモシカ、シカ、ノウサギの研究にて、情報提供、調査に協力させて頂きました。

高田隼人氏(外部リンク)より御礼のお手紙と研究報告書を送付頂きました。
今後も専門研究員による研究報告を弊社エコツアーに生かしてまいります。


2022年、富士登山ツアーのお申込みにつきまして

現在の富士山は五合目まで雪をまとっていますが、ゴールデンウィークを過ぎたあたりには遅い春がやってきます。 そして雪解けが少しずつ進み、山肌が青緑色へと鮮やかに移ります。

さて、一日1グループ出発限定、1ガイド10名以下の完全少人数制「ごうりき2022年富士登山ツアー」を公開し、4月9日(土)10:00より「プライベート富士登山」のお申込み開始、

4月16日(日)10:00より「富士登山シャイニングツアー」「富士登山ロングステイツアー」「0合目出発富士登山完全登頂ツアー」のお申込み開始となります。

富士登山のツアー日程、定員に限りがございますので、公平性を保つために例年同様、先着順の受付とさせて頂きます。 
受付時間10:00より前に頂きました内容につきましては、「受付対象外」とさせて頂きますので、時間をお守り頂きますようにお願い申し上げます。

▼WEBサイト「ご予約フォーム」からのお申込み▼

  • ご予約可能な場合・・・「予約確定メール」をお送りいたします。アドレスのご入力を正確にお願いいたします。
  • ご予約不可能な場合・・・残念ながら「すでにご予約済み、出発日がない」等のお返事をいたします。 他の日程をご検討願います。

▼FAXからのお申込み▼
下記の内容をお手元の紙にご記入いただきFAXして下さい。 FAX番号 0555-24ー1052

  • 参加希望ツアー名 
  • ご出発希望日
  • 参加人数
  • 参加人数内訳:大人(18~69歳)・高校生・中学生・小学4~6年生・小学1~3年生(プライべートツアー、シャイニングツアー参加不可)
  • 代表者お名前、フリガナ
  • 郵便番号、ご住所
  • 電話番号
  • FAX番号
  • その他、第2希望日、山小屋のプライベートルームリクエスト等、お伝えしたいことがありましたらばご記入下さい。
  • ご予約可能な場合・・・「予約確定FAX」をお送りいたします。ご自宅にFAXがない場合にはお電話にてお返事いたします。
  • ご予約不可能な場合・・・すでにご予約済み、出発日がない旨、お返事いたします。他の日程をご検討願います。

皆さまのお申込みをお待ち申し上げます。

 

2022年、富士山現地集合の初心者向け富士登山ツアー公開しました


富士山頂剣ヶ峰より

毎年ご好評を頂き大変お待たせいたしました。富士山の自然・文化・魅力を少人数のツアーとして一年中提供しているエコツアー(日本旅行業協会外部リンク)専門団体「富士山登山学校ごうりき」によるプロガイドがご案内する「富士登山ガイドツアー」
世界遺産富士山を満喫し、環境省主催の表彰を受けました弊社が主催いたします、2022年募集の富士山登山ツアーのコース、スケジュール、金額、出発日、予約開始日時等の詳細を、4月1日(金)に公開いたしました。

お一人様での参加や高齢者、体力に不安のない方、登山初心者の方、小学1年生のお子様から、安心、安全にご参加頂けるツアーをご用意しております。
お子様の夏休みの自由研究「富士山」の事前事後につきましてもしっかりとお手伝いさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。
また、ガイドを貸切るプライベートガイドツアーのプランもございますのでご検討下さい。

ツアー申込開始日時は下記となります。 なお弊社のツアー商品につきましては、「大手旅行会社販売サイト」、「アクティビティ・観光・遊び・体験・レジャー予約サイト」での販売は一切いたしておりません。
皆様のお申込みをお待ちしております。


星のや富士様「グラマラス富士登山」本年もアクティビティを担当いたします

日本初のグランピングリゾート「星のや富士」様(外部リンク)では、2016年より開催しております日本一ラグジュアリーな富士登山プログラム「グラマラス富士登山」(星のや富士外部リンク)の内容をさらにバージョンアップし今年も開催する運びとなりました。安全に快適に登頂へ導き、さらに富士山に根ざした日本人の深い文化的価値観にも触れることをめざしたこのアクティビティを業務提供をしております弊社合力が担当いたします。

■期間:2022年8月31日、9月3日、5日、7日(全4回) 2泊3日(星のや富士で1泊、山小屋で1泊)
■定員:1組2~3名まで 
■対象:小学4年生以上、69歳以下のご健康な方
■料金:1名280,000円(税・サ込)
*山小屋代132,000円(税・サービス料込)と星のや富士の宿泊代が別途必要。
■含まれるもの:
牛王刷り体験、北口本宮冨士浅間神社参拝、ごうりきによる1か月前からの事前カウンセリング、ガイドによる直前レクチャー、登山ガイド、フットバス、夕食、山小屋での夕朝食
■予約:1ヶ月前までの事前予約
■予約方法:公式HPから宿泊予約後WEB予約
■詳細:https://www.hoshinoresorts.com/information/release/2022/03/191557.html(星野リゾートリリース外部リンク)
*プログラム内容は、状況により変更となる場合があります。

このページの先頭へ