講演依頼

講演者プロフィール

富士山インタープリター

富士山登山学校ごうりき 代表 近藤光一

紹 介

「生涯富士山インタープリター」を心に、日々精進中

1967年山梨県富士吉田市生まれ。富士山を正面に仰ぎ観て、野山を駆け巡るわんぱく時代を過ごす。小学校から野球に魅せられ没頭する毎日。しかし貧乏な家庭で野球道具も満足に買ってもらえずヤクルト配達などを手伝い、大好きな野球を続ける。高校時代は野球に没頭しすぎて、赤点組。

進学をあきらめた後、地元の時計製造会社に就職。先輩からの勧めで「富士山案内人」となる。31歳で人生初めての富士登山を経験。富士山登山案内業にやりがいをもち、夏の期間以外は建設業の日雇い人夫となりなんとか生計繋げる。

「富士山の環境を変えたい!」「ガイド技術を向上したい!」という熱い想いから1999年に、モスバーガーの「モス地球遊学制度」に応募。12,000人の中から5人に選ばれスイス国内に留学。帰国後、一年を通し富士山インタープリターとして活動するため、任意団体「富士山登山学校ごうりき」を設立。

数々の苦悩を乗り越え一歩ずつ着実に歩み、個人事業から法人へ。富士山インタープリターとしての「想い」と「経済」のバランスを整えるたに「続けるための覚悟」と「社会からの認知と信頼」のために設立に至り、富士山地域でのツーリズム事業を展開する。

経 歴

1967年 山梨県富士吉田市生まれ。
2002年 少人数の富士山登山を実施するために、「富士山登山学校ごうりき」を設立。
2003年 少人数制の富士登山ツアーを企画・実施。
2004年 学校、企業などの自然体験、観光・環境教育を開始。
2006年 NPO法人日本エコツーリズム協会の「このガイドさんに会いたい100人プロジェクト」に推奨される。 NPO法人富士山サポートセンターを設立し、理事長に就任。
2007年 代表を務める富士山登山学校ごうりきが環境省主催「第2回エコツーリズム大賞特別賞」を受賞。
2008年 環境省制作 「エコツーリズム ガイドのためのガイド映像vol.1」の安全管理のパートで紹介される。
2010年 代表を務める富士山登山学校ごうりきが環境省主催「第5回エコツーリズム大賞優秀賞」を受賞。
2月23日(ふじさんの日)に株式会社合力を設立し、代表取締役に就任。現在に至る。

講演テーマ

「ぼくの仕事場は富士山です」~日本の宝物を未来へ~

日本一高い、日本一有名な山。なぜ多くの人々が頂上を目指すのでしょうか。富士山には人をひきつける不思議な力があります。これまで500回以上ガイドとして登っている中で見えた富士山の姿やドラマを、心をこめてお伝えいたします。

*上記以外でご希望ありましたらご相談ください。

講演時間

1時間~2時間程度

主な実績

  • (社)日本経済団体連合会
  • 東京経営者協会
  • 山梨県観光部
  • 山梨県立聴覚障害者情報センター
  • 印刷労連関東地方本部青年委員会
  • (社)丹羽青年会議所
  • (社)三鷹青年会議所
  • 茅野商工会議所
  • 山梨県商工連合会
  • テルモ労働組合
  • 国際自然環境アウトドア専門学校
  • (社)日本旅行業協会(JATA)
  • (特)おきなわ環境クラブ(JICA研修亜熱帯地域)
  • (財)自然環境研究センター(JICA研修アフリカ)
  • (財)キープ協会(JICA研修ネパール)
  • 独協大学外国語学部
  • 静岡県立天竜林業高等学校
  • 富士吉田市教育委員会

講演料金について

要相談

*会場及び機材一式はご用意願います。
*主催者様のご希望やご予算がある場合はお気軽にご相談ください。
可能な限りお手伝いさせていただきたいと考えております。

無料のメール相談はこちらから

講演依頼についてのお問い合わせやご相談にメールでお答えします。

このページの先頭へ