お知らせ

星のや富士様「グラマラス富士登山」本年もアクティビティ担当いたします

日本初のグランピングリゾート「星のや富士」様では、2016年より開催しております日本一ラグジュアリーな富士登山プログラム「グラマラス富士登山」の内容をさらにバージョンアップし今年も提供します。安全に快適に登頂へ導き、さらに富士山に根ざした日本人の深い文化的価値観にも触れることをめざしたこのアクティビティを業務提供をしております弊社が担当いたします。

■期間:2021年8月30日、9月1日、9月3日、6日(全4回) 2泊3日
*星のや富士での前泊か後泊の宿泊予約が別途必要
■定員:1組4名まで 
■対象:小学4年生以上、69歳以下のご健康な方
■料金:1名260,000円(税・サ込、山小屋・星のや宿泊代別)
■含まれるもの:
・1ヶ月前より富士山登山学校ごうりきによる電話やメールでの事前カウンセリング
・登山ガイド
・前泊を選択した場合:グランピングマスターとつくるエナジーバー作り、前夜ガイドによる事前オリエンテーション、夕食星のや富士流「御師料理」
・後泊を選択した場合:フットトリートメント、夕食星のや富士流「御師料理」
■予約:1ヶ月前までの事前予約
■予約方法:公式HPから宿泊予約後WEB予約
■詳細:https://www.hoshinoresorts.com/information/release/2021/06/149442.html(星のやリリース外部リンク)
*御来光・星空は時間が多少前後したり、天候により見られない場合もあります。
*ツアー内容は、新型ウイルスの感染状況、自然条件、お客様の体力、登山道の状況等によって変更または中止の場合があります。

東急㈱様ロイヤルメンバーズクラブ会報誌にて「樹海ネイチャーツアー」を紹介頂きました。

東急株式会社様の「東急ロイヤルクラブ」メンバーズ会報誌「Fino」は、上質な暮らしの実現に向けて、さまざまな旅、食、文化などここでしか読めないコンテンツをご提案するメンバーズマガジンです。
この度の富士山特集では、「樹海ネイチャーツアー」を掲載頂きました。

 

【自然学校エイド基金スタート】 子どもたちの自然体験を支える自然学校のご支援につきまして

富士山には修学旅行や林間学習で全国から多くの子どもたちが訪れます。しかし今年は、コロナウィルス拡大のため学校行事に大きな影響がでて中止・延期となっています。
また、日本一の頂を目指す富士登山も登山道の閉鎖により、チャレンジすることができません。
コロナ終息後に富士山に訪れる皆さんのサポートを継続していきたいと考えます。事業存続の危機に見舞われておりますので、皆さまのご支援を切に願います。
※No.45「富士山登山学校ごうりき」の指定支援ができますので、ぜひともよろしくお願い致します。

朝日新聞社:クラウドファイティングサイト
https://a-port.asahi.com/projects/nature-school-aid/

皆様の温かいお心の元無事に終了いたしました。ありがとうございました。

https://a-port.asahi.com/image/5bc521054e37edce6cc6a86ec7be0abb

自然学校エイド基金:新型コロナウィルス対策 緊急支援プロジェクト

【緊急コロナ支援】富士山のエコツアー事業者を守る「富士山『さき旅』プロジェクト」ご支援につきまして

今、新型コロナウィルス感染症の影響により富士山が危機に瀕しています。 

「富士山の自然資源」、「富士山観光そのもの」、「旅行者の安全」、「事業者の暮らし」を守るため、「富士山登山学校ごうりき」はじめエコツアー事業者10社は立ち上がりました。‟未来のツアーチケット”購入で美しい富士山とそこに暮らす人々を支援するためのプロジェクトとなります。
「富士山『さき旅』プロジェクト」ご支援頂きますようどうかよろしくお願いいたします。 

https://camp-fire.jp/projects/view/270315

皆様の温かいお心の元無事に終了いたしました。ありがとうございました。2021年のツアー参加をお待ちしております。

 

 

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣延長に対する対応

平素より富士山登山学校ごうりきをご利用いただき誠にありがとうございます。
政府より出されました新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条に基づく「緊急事態宣言」につきましては、感染拡大防止のため5月31日まで延長となりました。また、山梨県では県外在住者に対しましても引き続き、日帰り・宿泊を問わず、観光・レジャーなどのために本県へ来訪しないよう要請が継続しております。

そのため弊社におきましても、日帰りツアー業務を引き続き5月31日まで自粛いたします。なお、状況を見ながら臨機応変に対応いたしますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2020年5月7日8:00 富士山

代表拙著「ぼくの仕事場は富士山です」が中学道徳教科書に継続掲載

文部科学省では、中学校の道徳教育の指導観点として「自然や崇高なものとのかかわりに関すること」と一つの柱とし、「自然を愛護し,美しいものに感動する豊かな心をもち,人間の力を超えたものに対する畏敬の念を深める心を育てること」としています。この分野におきまして、 代表拙著「ぼくの仕事場は富士山です」(講談社)が下記のとおり、継続掲載されることになりました。

【初版発行年度】令和3年度
【学校】中学校用
【教科】道徳科 道徳
【学年】2年
【書名】『中学校道徳2 きみがいちばんひかるとき』
【使用年度】2021年度 2022年度
【出版社】光村図書出版株式会社

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣に対する対応

平素より富士山登山学校ごうりきをご利用いただき誠にありがとうございます。
政府より令和2年4月7日に出されました「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」は、4月16日対象地域が「全都道府県」に拡大されることとなりました。
これをうけまして、日帰りツアー業務を5月6日まで休業いたします。ご旅行を楽しみにされていた方も多いと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

参加者の皆さまからの声:2019年8月22日ご出発 富士登山シャイニングツアー

兵庫県 橋本 様
(写真左から2番目)

富士山ツアー、お世話になりました。ありがとうございました。
以前、樹海ツアーに参加させていただいたときに、山や自然への思い、ツアーの安全性への考え方等を伺い、富士山に登るときは「ごうりき」さんのツアーにしようと決めていました。

富士山への憧れはあったものの、当初は、年齢的なもの、体力、気力… 自信のないことだらけでした。しかし、事前説明会では、ツアーの内容、持ち物や服装について細かく教えていただき、また、メールでは、運動の仕方や現地の天候について丁寧にサポートしていただいて一つ一つ不安が前向きに解消していきました。

今回、山小屋までは、風景を楽しみながら機嫌よく登れましたが、翌朝は、あまりの暴風のため、頂上アタックはかないませんでした。帰りも雨に降られてしょんぼりでしたがそれでも楽しい思い出になったのは近藤さんのおかげです。

いろんな富士山の表情を見て、これもまた山というものなんだなあ、と感じています。ツアーの皆さんは、「レインウエアの性能が確かめられてよかった」と笑いあえる素敵な方々でしたし、近藤様をはじめとして、山の安全や快適さに心を砕いておられる皆様にもあらためて感謝しております。

再挑戦の際は、ぜひまたお世話になりたいです。どうぞよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。

>詳しいツアーの様子はこちら

参加者の皆さまからの声:2019年8月8日ご出発 富士登山シャイニングツアー

山梨県 深澤ひろむ 様

先日は本当にありがとうございました。登山証明書も受け取りました。

貴重な時でした。自分を信じてよかったと心から思います。神様からのご褒美のように受け取りました。近藤さんと語らいながら登ったことも有意義でした。

本も読ませて頂いて、富士山の自然、歴史、信仰たくさんの事を学ぶことができました。そして、富士山を愛してやまない近藤さんの生き方にも感銘を受けました。ガイドになり始めたころの自分をありのままに綴られていて、様々な経験と努力を重ねながら、今の近藤さんがいらしゃるのだと、納得できました。

もう一つ、「あるがまま、そのままでいいと自分自身が思える」というのは、やはり一生懸命やってきたという自分の努力があって、それが根底にあるからこそ感じられる事なのかもしれない、と思いました。
努力・・・ 少し違うでしょうか。色々な体験といった方が合うかもしれません。本を読み終えて一番に感じた事でした。

近藤さんの益々のご活躍を心より祈っております。どうぞお元気でお過ごし下さい。ありがとうございました。

>深澤様は登頂されお鉢巡りまでご堪能頂きました。詳しいツアーの様子はこちら

参加者の皆さまからの声:2019年8月6日ご出発 富士登山シャイニングツアー

静岡県 上野貴生 様
(写真左)

登頂証明書受け取りました。ありがとうございました。

登山においては、ペース配分や多岐にわたるご指導により、無事最高峰まで到達することができ感謝しています。
また普段聞くことのできない逸話の数々に感銘しました。
陰ながら応援していますので、次のステップに向けて頑張ってください。

富士登山から戻ってから体調が良く気力が充実しています。
色々とありがとうございました。

写真2枚目は上野様ご提供。
>詳しいツアーの様子はこちら

このページの先頭へ